› サベージとの楽しい生活 › 奄美・バイク

  

Posted by at

2013年01月02日

2013 初日の出ツー








恒例の初日の出ツー 三回目にしてはじめて雨に降られない 穏やかなツーリングだった

私はドクターストップが解けたばかり 久しぶりのロング(?)ツー♪



5:00に途中のショッピングセンター駐車場集合



ここでアクシデント
私のLSがチョークの引っ張りすぎでプラグがかぶってしまった
あいにく工具をおいてきてしまっていたが リーダーの応急処置で何とか復活

H君が来る途中 猫を避けようとして転倒
幸い大きなけがもなく一安心だった
捨て猫は黒ウサギだけでなく バイカーにも被害を与える
やめてもらいたい!


アヤマル岬へ到着

今年は天気がいいせいか 車も多く 駐車場は満杯だった


リーダーが持ってきてくれたお汁粉に舌づつみ 暖をとりながら日の出を待つ



日の出へ 今年の「つつがなし」を祈って解散





1/2
きょうも穏やかな陽気
ラジオでは奄美の最高気温は19℃だそうな・・・
少し寒い!

サベの初乗り
港まで行って来た


港は公園になっている
たこ揚げを楽しんでいる親子連れが数組
かわいい女の子がおじいちゃんと楽しんでいた




元旦の二日 あえて小屋へは行っていない
人並みの(?)のんびりとしたお正月を楽しんだ




PS
ところで年末に作った長財布
女性用です






結局一つしか完成できなかったが 年内の約束のものはできあがり
受け取った女性は喜んだそうだ















  


Posted by ごまもん at 20:28Comments(2)奄美・バイク

2012年05月29日

91歳のライダー




とある特定郵便局 窓口で預金をしていたら入ってきたおばあさん

「免許の切り変えしてきたよ 91歳で奄美の最高記録だって!」

見るとせいぜい70歳ぐらいの元気なおばあさん

郵便局の窓口の女性と顔見知りのようだ

「16問中1つだけわからんかった」と高齢者適正テスト?のことを自慢している


自分の目も耳も疑ったが・・・・ 本当に91歳らしい



「お守りにしたいので写真を撮らせてもらえませんか?」とわたし

「絶対ダメ!新聞社の取材も断っている  孫に怒られるよ!」と・・・・

「これはごめんなさい!ではバイクの写真だけ撮らせてください」

と撮らせてもらったのがこれ





そして さっそうと風のように走り去っていった!







テレビに出てくるギンさんのむすめさんたちの元気に驚いていたが 上には上がいる




わたしの最終目標は2035年9月2日 次の皆既日食を見に能登半島へバイクで行くこと

そのころ80代前半 このおばあさんにあやかれば たぶん大丈夫かもしれない・・・・










  


Posted by ごまもん at 23:23Comments(5)奄美・バイク

2012年03月01日

奄美へツーリングに行くなら・・・



長崎の友人からメールがあった

ゴールデンウィークに奄美へツーリングに行きたいと


前々から心にくすぶっていたこと 奄美へツーリングに来たい仲間へのアドバイス

ここでやってみることにした

題して「わたしが奄美へツーリングに行くなら・・・」

http://www.geocities.jp/gomamon1941/touring/amamitu-.html



バイク仲間のみなさん  参考になるかも・・・?

この記事で なお疑問のある方は遠慮なく質問してください。


自称「ツアーコンダクターのごまもん」














  


Posted by ごまもん at 23:54Comments(8)奄美・バイク

2011年11月17日

奄美北部ツー 鶏飯











宮崎のTさんが来て 南部ツーの翌日は北部ツーにいった

目的は鶏飯

私はココの鶏飯が奄美で一番だと思っている!
鶏飯発祥のお店 「みなと屋」



化学調味料など入れてない 昔ながらの鶏ガラダシのスープ・・・・のはず!

赤木名は深い入り江の奥にある 奄美で一番北(鹿児島に一番近い)にある良港
ここで薩摩の役人を接待するために 初めて鶏飯が作られたそうだ

我が家は鶏飯が食べたいときにはわざわざここまでやってくる 
「みなと屋」まで40分








まず具が大きな皿に載って出てくる
卵焼きを細かく切った金糸 ささみを細くさいたもの しいたけを細く切ったもの 海苔を細く切ったもの パパイヤの漬け物
なにかよくわからない(たぶんミカンの皮)おいしい薬味などが載っている
写真は撮るのを忘れて、撮ったときにはあらかた食べてあった





ドンブリのご飯の上に具を載せ・・・・・






透明なスープをかけて食べる

スープがおいしいので 一杯目はご飯も具も少なめに・・スープをたくさん頂く





一人でも ご飯はおひつに スープは鍋に入ったまま出てくる
全部は食べきれない








「鶏飯」は沖縄にもない 奄美だけの料理だ
奄美を訪れる人には 「これだけは必ず食べていけ」とすすめる





帰りには海のすぐそばを走る 気持ちのいい龍郷の「荒場地区」の道を走った
夕陽がとてもきれいな道だ


芦花部の海岸での休憩









  


Posted by ごまもん at 22:23Comments(3)奄美・バイク

2011年10月24日

奄美南部ツー 友遠方より来たる







宮崎のTさんから突然のTEL

「カケロマ島へ行きたいから この週末そちらへうかがう」
「じゃ 実久(サネク)でキャンプしよう」と私
海岸でテントを張り 打ち寄せる波の音を聞きながらゆったり過ごす
すごく楽しみだ



土曜日の朝 4:30
港で彼を迎えて 我が家で休憩 


10:20発のカケロマ島へ渡るフェリーに乗るために9:00に名瀬を出発した

晴れ男!昨日までの雨は嘘のように・・・ 気持ちのいい秋晴れだ!!


まずは二人が出会った思い出の地 「マングローブパーク」へ







4年前の朝  通勤途中 コーヒーを飲んでいると 同じ匂いのする彼がバイクでやってきた
「この道の駅の休憩室はフリーだよ」と話しかけたのが最初だった


そしてTさんが  「海からはえているマングロ-ブを見たい」というので マングローブ群生地のすぐそばへ



山間(ヤンマ)へいく途中の道路から すぐそばで海からはえているマングローブが見れる




フェリー乗り場へ着いてみると 待っているはずのフェリーがいない!
ドック入りで火曜日まで渡れないと・・・orz・・・


しょうがないので 奄美南部ツーへ変更
最初はホノホシ海岸へ



ホノホシ海岸はとても波が荒いところ
波に転がされて丸くなった石が ビッシリとひきつめられたような海岸だ
波がひくときには ゴロゴロと石が転がる音がする










ホノホシ海岸の隣の蘇刈(ソカル)の海岸 対照的に真っ白い珊瑚の白砂だ




ホノホシは東のはじっこ 西の端っこ「西古見」をめざして走り出す
約50k くねくねとした海岸沿いのアップダウンが続く





西古見集落へ下る峠から  水平線に浮かぶ無人島「江仁屋離れ」をのぞむ






西古見のこのきれいな海の色を見てほしい!


alt="" >


今ではほとんど消えてしまった珊瑚の石垣 以前はどこの集落でも普通に見かけた風景だが・・・



懐かしいものを見つけた 「用心棒!」
子どものころは 毎年冬場に少年団で作っていたハブ退治の棒

西古見では昔のように 2間おきにたてられていた



FLの後ろに見える木の棒です。



西古見から久慈(クジ)へ引き返し  久慈から山越えで宇検村名柄へ
宇検村の焼内湾を回って 芦検(アシケン)からまた山越えで大和村今里へ
お約束の戸円ウエスターナーでカレーを食べて帰宅


走行距離198k
あまりの上天気に日焼けしてしまった!




楽しかったが・・・ カケロマ島でのキャンプがしたかった!!


Tさんは月曜日に 民間のフェリーでカケロマ島へ渡った
夕方電話してみると 
シャワーを浴びたところ これから夕陽をながめながら一杯するところだと・・・・


うらやましい・・・










  


Posted by ごまもん at 22:59Comments(4)奄美・バイク

2011年09月07日

久しぶりの海岸ツーリング








日曜日 久しぶりに仲間たちとのツーリング

だいぶ秋めいてきた奄美 半袖でも心地よい 柔らかい陽射しだ



コースはいつものコース

まずはアヤマル岬公園へ いつものようにまったりと談笑





公園の駐車場は海のそば





道路の横はこんなきれいな砂浜が続く


アヤマル岬をあとにして 用岬から佐仁。屋仁・赤木名と走り、休まず大和村戸円の「ウエスターナー」へ

赤木名で4人別れ 名瀬で3人が帰り・・・ウエスターナーへは二人

いつものようにランチはカレー 今回はオムカレーにした。

コーヒーを飲みながらマスターと楽しく語らっているうちに もう一人が合流

道をはさんだ海岸ではサーフィンに興じている若者たちが・・・
彼らもときどき顔を出して カレーを食べに来る


帰りは宇検まわりで帰ることに・・・ 行く手には黒い雨雲があったが、降ったらぬれるまでよと走り出した。

案の定 宇検を走っているあいだ 大粒の雨に打たれ続け・・・
ひさしぶりに無防備に雨に打たれたね シールドを置いてきた時の雨は・・・痛いよ!


約180k  けっこう走った感がある














  


Posted by ごまもん at 23:04Comments(2)奄美・バイク

2011年01月01日

初日の出ツー









2011年の夜明け おめでとうございます



バイク友だちに誘われて 初日の出を見にいってきました。

出発は4:30 雨が降り 風がびゅーびゅー 悪条件です。

それでも総勢13名 アヤマル岬へ無事に着き 御来光も見ることができました。

わたしは年齢もありヒートテックの上下 上にはカッパを着込んで冷たいのは指先だけと重装備
しかし 若い方々はジーンズ バイク乗りは格好にもこだわり やせ我慢です。

帰りはいくらか持ち直した天候だったけど、それでもたまにあられ混じりの雨が・・・




ともあれ 新しい年をバイクに乗り、はじめられました。

今年もよろしくお願いいたします。  


Posted by ごまもん at 10:31Comments(4)奄美・バイク

2010年12月08日

奄美のバイカーが行くお店 

ウエスターナー






オーナーとオーナー婦人




オーナー   ドラスタに乗っています。



いつもハットにチャプス ウエスタンスタイルで気さくにお客さんをもてなしtます。

奥様と二人 コンテナを改造したお店
幹線道路をはさんで向こうは海 このときもサーファーが遊んでいました。
お客は波乗りととバイク乗りが多いそうです。









バルコニーも西部の雰囲気 アルミの管をつるしたWind Bellがとても心地いい音を奏でています。
立っているのは奥様 

オーナーは絵も書もやる粋な趣味人でもあります。
歩いて3分の戸円小中学校 現在休校中の教室を借りてアトリエ・ギャラリーとしています。





こんな絵や



こんな絵を並べています。





鞍も置いてある



さすがにウエスタンですね
サベやエフエルに装着できないかと真剣に思った。


さて 店内 ウエスタンの雑貨などがたくさん飾られています。





わたしのお気に入りはこれ



素敵なカウガールの後ろ姿
後ろ姿の人物を風景の中に描く わたしの好きな構図です。


カレーです。
メニューは普通のカレー 600
オムカレー・野菜カレー・ナンカレー  各700円 あと幾種類かのコーヒー

オムカレーにしてみました。カレーは10数種類のスパイスを使っているとのこと



おいしいです!


コーヒーはベトナムコーヒーにしました。



濃いコーヒーの底に練乳が入れてあります。
甘くてコクのあるコーヒーです。


ウエスターナーのある戸円集落から名瀬まで 普通に走って40分
あいかわらず写真を撮りながらのんびり走って・・・

何カ所か 先の豪雨の爪痕が・・・




えぐれた道路の脇にはツワブキの花も咲いています。





あいかわらずこんな海のそばを走って帰りました。





普通なら往復2時間強 わたしは4時間かかりました。 のんびりツーがいい

もっと南へ走ると瀬戸内町 見所がたくさんあります。

北へ走ると北部の隆起サンゴ地帯 ここも南の島らしい風景が広がり、気持ちのいいところです。



久しぶりに気持ちよく走って サベ1号も満足したことでしょう!





赤い建物がウエスターナーです。






ウエスターナー  カレー ベトナムコーヒー









  


Posted by ごまもん at 21:57Comments(6)奄美・バイク

2010年12月07日

奄美南部 プチツー



最近 サベ1号にかまってなかったので 無性に乗りたくなった。

デコンプソレイドコントロールなどを替えて 調子は絶好調!のはず

大和村の戸円集落の海岸に「ウエスターナー」というカレー屋さんがある
オーナーもバイク乗りで カレーもうまい!
サベ1号とちょっといってみることにした。

気持ちよくツーリングできる穏やかな天気 
海のそばを走れるように時計回りで走る





名瀬からR58 山間の道を走り 新和瀬トンネルを抜けてまずは和瀬海岸
防波堤では釣りをしているご夫婦がいる
小さい静かな港だ




和瀬(わせ)から城(ぐすく)を通る
先の豪雨で被害の大きかったところだ もう土砂も取り除かれ 走るぶんには豪雨のあとは感じられない
しばらく行くと内海公園の横を走る





道の駅「マングローブパーク」
リュウキュウアユとマングローブをテーマーにした奄美唯一の道の駅だ
この駐車場が湖のようになり 観光客もここから動くことができずに夜を明かしたところ




また山間の道をずっと走る
途中 瀬戸内町と宇検村方面への三叉路を宇検村の方へ入っていく
新しいトンネルができていて、今回はトンネルを通るが、旧道は川沿いの原生林のなかを登っていく
走るには趣があって、好きな道だ




町ざかいの峠を越えると湯湾の町
深い焼内湾は奄美で一番魚の釣れるところ この日もおばあさんたちがのんびり釣りをしていた。
おじいさんたちはギャラリー





しばらく湾の縁を海沿いに走り、芦検(あしけん)集落から峠越えで大和村の今里(いまざと)へ向かう




今里の村を峠から見下ろす
沖に浮かぶ「立神」が象徴的な集落だ





今里を過ぎ 長いトンネルを抜けると名音集落 
集落を過ぎて名音トンネルを抜けると戸円にはいる
名音トンネルは 大きな花崗岩の一枚岩をくりぬいたトンネルとして有名




名音トンネルを抜けて しばらくヒエン浜の海岸沿いを走る もう戸円だ




戸円の海岸の岩の上 ぽつんと一羽の鳥が海を眺めている 



海鵜だろうか 孤独そう・・・

ウエスターナーに着いた 





ウエスターナーと後半の記事はまた後日!








  


Posted by ごまもん at 00:14Comments(4)奄美・バイク

2010年10月27日

徳之島へ行ってきたⅢ







途中でおいしいランチの食べれるところは? と知人に聞いたところ

「犬田布岬にスパゲティのおいしいお店がある」と教えられ スマイル
に寄ってみた

わたしが徳之島にいたころからあったお店だが、オーナーが変わっていた。


で 食べたのがこれ ナポリタン



タバスコも自家製だそうで・・・
おみやげに「徳之島ハチミツを買って・・・」

徳之島産コーヒーも飲めるのだが、今回は先を急いですぐに出発



岬からショートカットのつもりで農道へ入った。
農道とはいえ 伊仙町は見渡す限りのサトウキビ畑 道路も県道と変わらないほど整備されているので、うっかりすると迷ってしまう





徳之島一周道路 最大の難所だった秋利神渓谷にかかった「秋利神大橋」
ずっと向こうにかすんで見えるのは犬田布岬






平土野の町はスルーして 奇岩が連なる景勝地「ムシロ瀬」



写真の向こうに見えるとがった岩は「自然公園」
大物釣りのA級ポイントでよく通ったところ


そして高橋尚子さんがよく合宿で走っていた「尚子ロード」を走り 
手々と金見のあいだの
これもわたしが勝手に名づけた 「サーフィンロード」 直線が緩やかに起伏して気持ちのいい道路です。



<





金見集落や山集落は徳之島の一番北の端 奄美大島に近いので 奄美大島と同じような文化が見られる
南側の伊仙町は琉球文化の影響が色濃く、同じ島なのにおもしろい

奄美大島から伝わってきたという蘇鉄
その蘇鉄でできた金見の「蘇鉄トンネル」 100mほど薄暗い道が続く






あとはひたすら亀津の町へ 

約4時間のツーリング 20年ほど前に住んでいたが、ふた昔 けっこう新鮮な気持ちで走れた。
大きな橋がいくつかできていて驚いたが 変わらないところもたくさん残っていた。

戦争への基地などつくらず おおらかで活気にあふれた島であってほしい



今回回りきれなかった見所もたくさん残っている
次の機会の楽しみだ  


Posted by ごまもん at 00:04Comments(2)奄美・バイク

2010年10月19日

徳之島へ行ってきたⅡ (犬田布岬)





徳之島観光マップ(徳之島町HPからお借りしました。)



さて 会議は予定どおり11:30に終わった。
知り合いとの挨拶もそこそこに会場を飛び出し サベの元へ駆けつける。

なにしろ奄美行きの船は16:00には入港してくる それまでに100k近くを走って徳之島を一周してくる

時計回り 常に海側を走りたい

まずは犬田布岬(イヌタブミサキ)をめざす そこには以前紹介した中村晋也氏の作品「戦艦大和を旗艦とする艦隊戦士慰霊塔」があるから・・・


亀津の街を出て海岸線を伊仙へ向けて走り出す。
南原の海岸線へ出ると わたしが勝手に名づけた・・・



ゴリラ岩
なぜか旧友に会えたようで懐かしい


途中 喜念浜砂丘へ寄って・・・



砂丘のなかのモクマオウの林の中のサベ

鹿浦大橋を渡り・・・






犬田布岬へ行きます。



岬入り口 
 
(走っていると道路のいたるところ 民家の壁などに普天間基地移設反対!の看板がある
1,000枚は超えるのではないかといわれている  住民の反対の意志は強い!)




犬田布岬公園 点景













岬の芝生のなかに戦艦大和の慰霊塔が建つ 艦橋と同じ高さだそうだ





慰霊塔の向こう 海のそばの珊瑚の岩の上に「戦艦大和を旗艦とする艦隊戦士慰霊塔」は立つ





「戦艦大和を旗艦とする艦隊戦士慰霊塔」

空を背景にすると逆光線で どうしてもきれいに写せなかった!

人体には業火に焼かれ 苦悶の表情の兵士の顔が多数彫られている
周りの線は紅蓮の炎を表しているそうだ





  
タグ :徳之島


Posted by ごまもん at 21:38Comments(3)奄美・バイク

2010年10月18日

徳之島へ行ってきた Ⅰ







所用でこの土・日 徳之島へ行ってきた。

日曜の午後はヒマになるので、サベと走ってこようと連れて行った。

6時に名瀬港を出て約2時間半 6,000トンの船は8時半頃に徳之島・新亀徳港に着く




途中 そばを通ったトンバラ岩 大物釣りのメッカ
大海原にニョッキと 4つの岩が出ている
かってよく通った岩だ

途中 トビウオが船に驚いて飛び回る
どのくらい飛ぶのかと数えていたら 長いもので12秒ほど
まるでトンボのように飛び回る

トビウオを追ってだろうか イルカの群れも見えた。船と併走していた。

どちらも写真を撮れなくて残念!





この写真は明くる日の朝撮ったものだが、こんなふうに狭い水路を入ってくる





船が港へ接岸すると タラップを使い下船する。



日曜の朝 会議の始まる前に少し走ってみた。
天気予報は雨だが いつものように雨は我慢してくれた。

亀徳の慰霊塔からサトウキビ畑のなかを アップダウンする直線の農道を通って井之川へ
そこで県道を引き返し 途中の諸田池へ行ってみた。




徳之島は島全体がサトウキビ畑 こんな農道が十分に整備されている
気をつけないと耕耘機のおじいさんが飛び出してくる

諸田池



いまから340年前に作られた農業用ため池
渡り鳥の越冬地だったが 隣の製糖工場の冷却用水池になったために鳥は見えなくなったそうだ

それでもけさはたくさんの鳥がいた。
周りに遊歩道が整備され 静かな池だった。





  


Posted by ごまもん at 00:47Comments(3)奄美・バイク

2010年09月28日

秋の砂浜 夕暮れの大浜







来週のツーリングの足慣らしに サベ1号で通勤している

職場から家までは街のなかを走る 40kでとろとろと・・・


帰宅の途中 サベ1号を思いきり走らせたくて・・・進路変更!

大浜海浜公園へ行ってみた。






駐車場へサベをとめる






あちこちにアベックが・・と、と、と カップルが海を眺めていた。

泳いでいる人もちらほら・・・


こんな看板が立っていた。










お孫さんだろう 女性が砂浜で遊ぶ男の子を見ている





公園の内庭へはいると・・・
「ロード・オフ・ザ リング」に出てくる森の精のような樹や・・・



扇のような変わった椰子の木など・・・










夕陽が沈むまで 砂浜に座ってながめていた。



  


Posted by ごまもん at 21:52Comments(5)奄美・バイク

2010年07月22日

けさのサベ 7.21


ようやく 日本全国梅雨明け!

奄美も入道雲が時折スコールを降らす 夏の青空

サベ2号の復活を祝って 通勤の道を少し逸れ 海へ寄り道









  


Posted by ごまもん at 23:11Comments(0)奄美・バイク

2010年07月11日

サベと散歩 大浜の夕暮れ









サベ2号の修理に一日かかって、やっと原因が判明

今のところ 手の打ちようがない 明日部品注文してからだ・・・

気分転換に大浜海浜公園までサベ1号と散歩に行った。







梅雨明けの宣言こそないが、奄美はきのうから晴れ きょうも夏の陽射しが降り注ぐ 暑い一日だった。

6時過ぎだが、まだ泳いでいる人も多い


駐車場には旅行者が夕陽を見に来ていた。
きょうは雲が多く いまひとつだったが、それでも水平線がへだつ海と空 夕焼けがきれいだった!









  


Posted by ごまもん at 23:24Comments(2)奄美・バイク

2010年06月13日

南の島のモミジ


九州・山口はやっと梅雨入りしたそうな・・・

田植えのシーズン 関係者はやきもきしていたことでしょう
間に合ったらよかったですね

さて
奄美の秋はハゼの葉が赤く色づくぐらい 紅葉はありません。
で、モミジにはあこがれていました。

5月連休のツーリングのときに栗野岳に登ったとき、展望台の下の草むらにモミジの苗がいっぱい芽吹いていました。
自然に落ちたものらしいので 少し抜いて奄美へ持ち帰り




栗野岳の展望台で・・・ 右隅の展望台の下でゲット






奄美へやってきたモミジ 5本のうち3本はついたときに枯れていて、2本は元気です。
やせても枯れてもモミジ 幼木でもちゃんとモミジの葉をしています。
夏の強烈な陽ざしに耐えてくれるかなー








ナスとオクラの間でがんばっています。
けさは野菜といっしょに追肥をしました。

そのあとはサベ2号の洗車 早朝から気持ちのいい庭仕事です。

さて きょうは小屋で夜光貝のカット このまま梅雨が明けたらいいな




 
紅葉 サベージ400 

  


Posted by ごまもん at 09:31Comments(0)奄美・バイク

2010年05月24日

サベとの散歩 和瀬集落





日曜の午後 天気予報は豪雨 
でも重い空だが何とか夕方まで持ちそう

小屋の片づけにもあきたので ショートトリップ

サベ1号はアクセルをひねると ゴンと後ろへ引っ張られるように加速する
排気音も楽しい気分にさせてくれる

国道へ出て 右へ行くか? 左へ行くか?
海を見たくなったので 左へターンする

名瀬の市街地から瀬戸内方面へ15分ほど トンネルを2コこえたら「和瀬」の集落だ
山あいの道を走り 長いトンネルを抜けたら突然海が眼前にひろがる





和瀬には昔からやっている民宿がある 
泊まったことはないので どんな雰囲気かまではわからない
でも 部屋からのローケーションとその眼前の海
奄美でも有数のビーチエントリーのシュノーケルのポイントだ

これだけでも宿泊料の何倍もおつりが来るだろう




重い空のせいで 海の色は今ひとつ輝いていないが 海にはいるとすぐにサンゴ畑が広がり 色鮮やかな魚たちが迎えてくれる




坂道をあがっていくと民宿がある




集落入り口にある看板のアップ リ-ズナブルでしょ


ときどきこの浜に来て 寝ころんで海をながめる
時間が止まったように飽きない


そういえば・・・・・ 去年の夏 泳ぎ釣りした和瀬のレポ
http://goma.yoka-yoka.jp/e295742.html









  


Posted by ごまもん at 21:43Comments(0)奄美・バイク

2010年05月11日

梅雨の晴れ間に・・・

奄美は梅雨入りした。

梅雨の花 イジュが咲き出したので そろそろかなーと思っていたら
意外と唐突に梅雨入り宣言

唐突に感じたのは忙しくて季節のことを考える余裕がなかったせいかもしれない





だいぶ前にとっておいたイジュの花
イジュが咲けば梅雨入りです。





この4月から職場が変わり 以前と180度違う方向への通勤になった。
朝のウォーキングもこれまでの公園から海岸へ変更

朝一番に潮風に当たるのも気分がいいが・・・
通勤コースはほとんど市街地 これまでのように四季折々の草花が見られないのが寂しい

で 梅雨の晴れ間 港でのサベのスナップ




こんな景色も毎朝見ています。








イジュ サベージ

  
タグ :梅雨入り


Posted by ごまもん at 21:34Comments(2)奄美・バイク

2010年01月06日

幻想的な・・・






早朝のいつもの公園

霧に覆われ 他に人もなく コーヒーを片手に 霧の中に浮かぶサベージをながめている
静謐な時間
自分だけの世界 ごくまれにある贅沢な時間です。






静かな海面からは霧の子どもが立ち昇っています。
気温は8度 年に何回かの光景です。  


Posted by ごまもん at 00:34Comments(6)奄美・バイク

2009年08月26日

夏の夕暮れ 大浜海岸へ

朝5時着のフェリーで帰ってきました。

久しぶりに自宅でまったりと一日を過ごし、疲れを癒し・・・
サベ1号(サベージ650)を洗車して、海を見たくなり大浜海浜公園まで散歩に行ってきました。

家からサベで20分ほど・・・ プチツーですね
海を見たいときによく行く海岸です。




平日のせいか、夏の盛りを過ぎたせいか、泳ぐ人はまばらです。


小腹が減ったので、途中で寄ってきたミスドのドーナツを食べながら海をながめます。




小さなヤドカリが散歩していて、わたしの足音でびっくり!殻に閉じこもってしまいました。
じっとしていて貝殻から出てくるのを待ち、写真を撮りました。





大浜海岸は海に沈む夕陽が撮れるポイントで有名です。
お天気のいい夕方にはプロから携帯で撮影する素人さんまで集まってきます。
きょうは鹿児島行きの定期船が沖を通っていました。




夏ツー2回目を終え、わたしの夏休みは終わり
少し秋の気配がしてきました。




   


Posted by ごまもん at 20:54Comments(2)奄美・バイク