› サベージとの楽しい生活 › レザークラフト 道具

  

Posted by at

2013年05月23日

コバ磨きの新兵器?





レザークラフトで革の切り口をコバという

ここの始末がレザークラフトの腕の善し悪しを左右するという



近所のダイソーでミニルーター用フェルトパフを見つけた



三角コインケース  型紙を写し カットしたらまずペーパーヤスリで切り口を磨く
200番と600番

次にはさみでケバを整え 指でトコノール(フノリのようなもの)を塗っていく

その次は板で磨き 最後に布で磨く
これで見違えるように製品になっていく


板で磨くのはこれも使う


でもこちらでゆっくり磨く方が好きだったりする














なんどもコバを磨くことで 少しでも上手になっていくといいなー














  


Posted by ごまもん at 23:29Comments(0)レザークラフト 道具

2013年05月08日

打ち台











菱目打ち・カシメ打ち・ホック打ち・・・etc
レザークラフトでは打つ作業が多い
そして打つと響く


こんどのアトリエは2階だ おまけに住宅街
作業台の上でそのまま打つわけにはいかない


丸太をクッションの着いているイスに乗せてみた

丸太はまさか売っていないだろう・・・と思っていたらニシムタにあった
横はカンナもかけてある
上部の切り口はカンナをかけてなかったので ベルトサンダーできれいにならした









音も振動も響かない

おすすめです






  


Posted by ごまもん at 20:49Comments(0)レザークラフト 道具

2011年10月13日

レースカッター







こんどの作品は「かがり」で仕上げることにした。

そのためにはレース(革ひも)がたくさんいるらしい

革ひもって買うと高い!90cmで500円ぐらい?

ネットで探してみるとレースカッターを自作しているものがあった

さっそく自分でも作ってみることにした。

材料は3cm幅*90cmの角材 
平折の金具




オルファのデザインナイフの替え刃
この替え刃が薄くてちょうどいい 他のものも試してみたが、厚くて3mmを越えてしまう






金具のあいだに一枚ずつ挟み、位置を整えてボルトで締め付ける






木材の横には革あて用のベニヤを上に数ミリだして ボンドで貼り付ける




組み立てるとこんな形になる




正面から見るとこんな形




3cm幅にカットした革を置き 刃をぐさっと突き刺して手前に引っ張る




あっという間にこんなにレースができた






かがり用のレースを作るのには カンガルーの革が一番いいらしい
これもネットでとった



あとはかがり方の勉強だ・・・




  


Posted by ごまもん at 22:41Comments(0)レザークラフト 道具

2011年04月07日

レーシングポニーを自作









最近レザークラフトにも興味を持っている

興味を持った時点でやることは決まったようなもの そんな性格だと最近わかってきた。


レザーはやるよりも買った方が安い・・・と思いながらある程度の道具をそろえた

作るよりも買った方が断然安い!!


友人にツーリングに持って行くツールロールを作ってあげることになった。
いつものごとく 口は災いの元!
ツールロールとは字のごとく道具を巻いて持ち歩くもの)


60cm×30cm ほど けっこう大きな革を縫う
これはレーシングポニーが必要だな と まずはこれを作ることからはじめた


材料はとっておいた板で間に合う 買ったのはネジ類だけ

高さは60cmぐらい 椅子に座って縫うのにちょうどいい高さに切り出す。

革をくわえて固定するところと 下部の隙間を空けるところを木工ボンドで接着することにした。
上の写真が万力で上と下を固定しているところ


革をくわえる部分はこうなっている
この部分だけは紙ヤスリで磨き、アールを出している





無事に完成
さっそく縫いはじめてみた





自分が作ったとは思えないほど 使い心地がいい!


自画自賛!(^_^;)











  


Posted by ごまもん at 23:11Comments(0)レザークラフト 道具