› サベージとの楽しい生活 › 2009年11月17日

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2009年11月17日

サキシマフヨウ、クロトンetc..小屋のまわりの草花たち

11/16 サベ2号のFフェンダーの塗装修正中
何回か吹きつけを繰り返します。

その塗装が乾くまでの間 カメラ片手に小屋のまわりをブラブラ・・・

まずは隣のおばちゃんの島ミカンをちぎって食べて・・・





奄美固有の甘酸っぱさの濃いミカンです。傷みやすいため奄美に来なければ食べれません。

こんなふうに道ばたになっていたもんで・・ついちぎって食べてしまいます。




今回の草花はこの道路沿いにあるものたちです。

奄美に秋の訪れを告げるサキシマフヨウ もう盛りを過ぎました。ハイビスカスとおなじで、朝に花を開き夕方には散ってしまいます。花のまわりには明日咲くつぼみたちがいっぱい準備しています。





奄美では藪の大木にも絡んでよく見かけるノアサガオ 写真のように淡青色ですが、夕方には赤っぽくなります。





クマタケラン 奄美の方言でカシャと言います。抗菌作用を持つ葉っぱで、独特のいい匂いを持っています。これでお餅をを包むとカシャモチと言います。古くからおにぎりを包んだり、よもぎ餅を包んだりします。竹の皮みたいな使い方ですね





小屋の垣根にと植えたクロトン 手入れをしないのでこんなにかさばってしまいました。お正月までにはばっさりと剪定しないと・・・





近所の家の庭にあった柿の古木 渋柿なので小鳥も寄ってきません。でもあまりに姿がよかったのでついぱちりと・・・





小屋の裏にいるハブカズラの実 すごい名前ですね ハブ・・・ この実は幻の果実と言われているそうです。
熟するまでにだいぶ時間がかかります。これでもう2ヶ月以上・・・まだまだです。





おなじく小屋の裏にいるクワズイモ これももう何年もいます。





最後に一年中咲いているハイビスカス 私たちは見飽きていますが、近くでじっくり見るときれいな花ですよ






じつは小屋のまわりは・・・前の道路沿いもヤブばかりなんです。








  


Posted by ごまもん at 23:08Comments(2)奄美