› サベージとの楽しい生活 › 2010年06月

  

Posted by at

2010年06月23日

トロピカルトカゲ!

住んでいる家は山裾にある

だから 夏の夕方は蛙の声がやかましい

でも 夏の朝は、夜明けとともにアカショウビンが鳴きだし その珠をころがすような鳴き声に癒される

もちろん訊ねてくる虫たちも多い

いまもパソコンの前のガラス窓にはいつものヤモリたちが、灯りに集まってくる虫を目当てに張り付いている



「キノボリトカゲが入ってきてるよー」
家人のおおらかな声で 居間に行ってみると わたしが座っていた座布団にキノボリトカゲが座っている

いろいろくるから 家人もトカゲぐらいではあわてない

わたしも さすがに家のなかまで入ってくるキノボリトカゲは珍しい まずはカメラ!

カメラを向けるとわたしのほうへ向かって近づいてきた。




カメレオンの仲間でしょう 保護色なんです。
ちょっと茶色に変わっています。





子どものころは捕まえてよく遊んでいた。口が大きいのでコショウを食べさせるのが定番だったかな
だから方言でクショクラという(コショウ食らい)

最後は子どものころのように しっぽを捕まえて 外にはなした。






ハブ以外ならちん入者も楽しい!




  


Posted by ごまもん at 21:15Comments(6)奄美

2010年06月20日

サベージ650 オイル交換

ずっとすずきさん指定の「エクストラスーパーデラックスオイル」を1ガロンとって使っていたが、全部使ってしまい、最近は量販店のスズキオイル1Lを使っていた。

これでは心許ないし、夏には長距離ツーリングする予定
悩んでいたところタイミングよく友人のブログで紹介があった。

いわく
ベテランバイクにピッタリのオイル サベージにもピッタリだと友人絶賛です。
モトレックス:MOTOREX TOP SPEED 4T 4サイクルオイル 15-50

さっそく取り寄せ 交換しました。

準備したのはこの2つ




廃棄オイルはこの処理箱に入れて燃えるゴミに出します。

サベージ さすがはスズキ製 スタンドを立てたままではオイルドレンボルトが回せません。



3寸角木材を当てて 反対側はジャッキで立てます。

サベージのドレンボルトワッシャは変なので 量販店で買ってきたワッシャを使います。




サベージの交換時のオイル量は1,800CC 印を付けておくと便利です。




最後に10~20秒アイドリングしたあと 1分ほどおいて確認したら終わりです。





こちらにも同じようなことを書いています。
http://www.geocities.jp/gomamon1941/mente/oil/oil.htm


夏の長距離ツーリングに向けてちゃくちゃくと準備進行中

次はバッテリー交換だ









  


Posted by ごまもん at 22:59Comments(0)バイク メンテ

2010年06月13日

南の島のモミジ


九州・山口はやっと梅雨入りしたそうな・・・

田植えのシーズン 関係者はやきもきしていたことでしょう
間に合ったらよかったですね

さて
奄美の秋はハゼの葉が赤く色づくぐらい 紅葉はありません。
で、モミジにはあこがれていました。

5月連休のツーリングのときに栗野岳に登ったとき、展望台の下の草むらにモミジの苗がいっぱい芽吹いていました。
自然に落ちたものらしいので 少し抜いて奄美へ持ち帰り




栗野岳の展望台で・・・ 右隅の展望台の下でゲット






奄美へやってきたモミジ 5本のうち3本はついたときに枯れていて、2本は元気です。
やせても枯れてもモミジ 幼木でもちゃんとモミジの葉をしています。
夏の強烈な陽ざしに耐えてくれるかなー








ナスとオクラの間でがんばっています。
けさは野菜といっしょに追肥をしました。

そのあとはサベ2号の洗車 早朝から気持ちのいい庭仕事です。

さて きょうは小屋で夜光貝のカット このまま梅雨が明けたらいいな




 
紅葉 サベージ400 

  


Posted by ごまもん at 09:31Comments(0)奄美・バイク

2010年06月06日

黒鯛(チヌ)が釣れた!

きのうからしとしと雨が降り続いている
奄美は梅雨のまっ盛り

潮汐表をながめていると 満潮は13:56 14時頃まで釣りができる
無性に釣りに行きたくなった!

場所は奄美南部 瀬戸内町の小さな集落の小さな桟橋
狙うのはクロハギ 




こんなのどかな風景 この小さな桟橋の先端がポイントです。



一日中名瀬では雨が降り続いていたとか  でもこの桟橋では雨具も着けず・・・
わたしは晴れ男なんです。



一投目 塩焼きサイズのチヌが釣れた 内地ではメイタというサイズ

その次に思いもかけない強いひき
仕掛けはいつもの細仕掛け ハリス2号にチヌ針0.8号なのだが、大丈夫
しばしのやりとりで あがってきたのは46cmの大きな黒鯛(チヌ)だった




ギャラリーが一人いたので 撮ってもらった
「こんな浅いところで釣れるんですねー!」彼の方が興奮していたみたい



その次にようやくクロハギが釣れた 



クロハギも何種類かあり、くさいものもいるが しっぽの付け根に白い線があるものは美味
特に煮つけに最高です。
でもきょうはこの1匹だけ・・・



今夜はこのチヌの刺身でビール
新鮮な刺身はギシギシと歯ごたえも最高!おいしくいただきました。


きょうは 奄美では、こんなところでも釣りができますよ!とのちょっと自慢記事 ごめんなさいね


釣果です。







黒鯛  チヌ 桟橋釣り


















  


Posted by ごまもん at 23:25Comments(2)奄美

2010年06月02日

ユーザー車検のつもりが・・・


顛末

きょう 改造検査にとおってきた。

2号の車検が6月中旬までだったので 少し早いが5月17日 受けに行った。

エンジンを載せ替えていたのでその旨を申告 すると「エンジンの型式が違うのでこれは改造だ」と・・・
同じサベ400のエンジン 同じはずだが・・・??

サベージ400は一度生産終了して、また再販
そのときにエンジンの型式番号がK402からK407に変わっているそうだ
で わたしのサベ2号は前期型だった

改造申請にはその両方の諸元が必要だとのこと ???

いったん家へ帰ってすずきさんのユーザー相談室へ電話してみる
答えは
「車台番号がわからなければ教えることはできません」だと

載せ替えたエンジンはオークションで手に入れたもの 
はたしてどう調べれば・・・・?

オークションの出品ショップに電話を入れたら親切に対応していただき、さいわい車体がまだ残っていて書類をファックスで送ってくれた

2号サベと両方の車台番号をすずきさんへ連絡すると 両方の諸元をファックスしてくれた。
それを持って、400のサービスガイドももって陸運事務所へ OK!

まず改造の申請をして、その後に検査をして、そこから2年間になるということだった。

ここは奄美なので 書類を整えて鹿児島へ送り、改造が承認されて戻ってくるまで約2週間かかるという
でも 係官の方 とても親切でした。


で連絡があり 「改造自動車等審査結果通知書が届いたので、いつでも検査に来てください」
きょう改造検査へ行ってきた

改造検査といっても車検のときと同じ検査です。

まず前後ブレーキ、それから光軸 ここまでクリア
光軸は終了間際の量販店の駐車場でチェックしたし・・・

次にライト・ウィンカー・ブレーキランプ・ホーン ネジのゆるみ等の点検 OK!
あれ!ブレーキランプは点くのに ライトをつけたときのリアランプが点かない!
球切れだ!はずかし!


きゅうきょ小屋へ帰って球を交換して検査のやり直し

これで無事に終わりました。
改造検査なので車検期間に引き継がず、きょうから2年間だということでした。
エンジンとチェーンからベルトに変えていたので、両方とも改造ということ
バイクの型式が「NK41A」になりました。

持参したものは いつものユーザー車検と同じ
車検証・納税証明書・自賠責保険証・認め印・多少の工具と少なめのお金

さて 次はこの2号のエンジンを降ろして・・・
チッチッチと音がするので たぶんいつものカムシャフトとロッカーアームのかじりでしょう
バラしてみないとわからないけど・・・交換でしょうね




スズキサベージ400  ユーザー車検 改造?
  


Posted by ごまもん at 21:27Comments(0)バイク メンテ