› サベージとの楽しい生活 › 2010年10月

  

Posted by at

2010年10月28日

TVの話 戸井十月さん


新聞のTV欄を見ていたら「戸井十月のユーラシア大陸大紀行」が目をひいた

ひょっとしてバイク紀行かも?なんの前知識もなく見てみた。

恥ずかしながら戸井十月氏 名前は聞いたことがある程度
それも・・・・

トイ トツキ
とよんでいた(汗!

本当に(といじゅうがつ)と読むんですね


でTV  おもしろかった!
いっぺんでファンになってしまいました。

最後のせりふが良い
「(五大陸を走った)12年間 25万キロも無駄なことだったとも考える でも路上であった人たちとの出会いは旅をしたからえたものだ。そういう意味では確かな12年間 25万キロだった」
(うろ覚えでわたしの駄文だと思うが・・・)

わたしもツーリングのたびに似たようなことを思う

たとえば北海道 

北海道を走っても走らなくても 同じ一生 周りには何も残らないが ここを走った事実はわたしの中に残る
それでいいじゃないか

http://www.tabi-ch.net/tabichnet_overseas_toi_eurasia

氏の旅日記も読んでみたが、ウイットがあちこちにさりげなく・・・すきだなー こういうの


でもTVを見ていて一番思ったこと

25万キロも走った 61歳でユーラシア大陸を少年のような笑顔で走った  うらやましすぎる!!


(台風の風に鳴る 窓の音を聞きながら・・・)








  


Posted by ごまもん at 22:07Comments(4)バイク ツーリング

2010年10月27日

徳之島へ行ってきたⅢ







途中でおいしいランチの食べれるところは? と知人に聞いたところ

「犬田布岬にスパゲティのおいしいお店がある」と教えられ スマイル
に寄ってみた

わたしが徳之島にいたころからあったお店だが、オーナーが変わっていた。


で 食べたのがこれ ナポリタン



タバスコも自家製だそうで・・・
おみやげに「徳之島ハチミツを買って・・・」

徳之島産コーヒーも飲めるのだが、今回は先を急いですぐに出発



岬からショートカットのつもりで農道へ入った。
農道とはいえ 伊仙町は見渡す限りのサトウキビ畑 道路も県道と変わらないほど整備されているので、うっかりすると迷ってしまう





徳之島一周道路 最大の難所だった秋利神渓谷にかかった「秋利神大橋」
ずっと向こうにかすんで見えるのは犬田布岬






平土野の町はスルーして 奇岩が連なる景勝地「ムシロ瀬」



写真の向こうに見えるとがった岩は「自然公園」
大物釣りのA級ポイントでよく通ったところ


そして高橋尚子さんがよく合宿で走っていた「尚子ロード」を走り 
手々と金見のあいだの
これもわたしが勝手に名づけた 「サーフィンロード」 直線が緩やかに起伏して気持ちのいい道路です。



<





金見集落や山集落は徳之島の一番北の端 奄美大島に近いので 奄美大島と同じような文化が見られる
南側の伊仙町は琉球文化の影響が色濃く、同じ島なのにおもしろい

奄美大島から伝わってきたという蘇鉄
その蘇鉄でできた金見の「蘇鉄トンネル」 100mほど薄暗い道が続く






あとはひたすら亀津の町へ 

約4時間のツーリング 20年ほど前に住んでいたが、ふた昔 けっこう新鮮な気持ちで走れた。
大きな橋がいくつかできていて驚いたが 変わらないところもたくさん残っていた。

戦争への基地などつくらず おおらかで活気にあふれた島であってほしい



今回回りきれなかった見所もたくさん残っている
次の機会の楽しみだ  


Posted by ごまもん at 00:04Comments(2)奄美・バイク

2010年10月24日

奄美の豪雨 その後

みな様 ご心配をおかけしました。ありがとうございます。

きのうはいとこの家が知名瀬(チナゼ)で川の決壊により床上50cm浸水 その後かたづけに行ってきました。

小さな集落 集落あげての片づけ 炊き出し 中学生のボランティア
水に浸かったタンスなどの粗大ゴミは 若い人たちが家の中まできて運び出してくれました。

きょうは知人たち・・・電話が不通な友人たち・・・を訊ねて回ってきました。

わたしの住んでいる名瀬の街は ほとんど被害もなく (我が家の裏の2軒全壊は報道されていません)TVで見ているみなさんと同じ感覚

でも街を出ると大・中・小の土砂崩れがいたるところに・・・
龍郷でおばあちゃんが亡くなったところは国道を乗り越えておそってきた大規模な土砂崩れでした。

奄美は山裾の小さな平地に家が並んでいるところが多く  それでも家へ向かっての土砂崩れが少なかったから運良く人的な被害が少なかったと思います。
あちこちで山が崩れた赤い斜面が現れていました。


友人たちの中には道路遮断のために職場から帰れず 避難所で3日過ごした方たちも 何名も・・・

通信の中継基地が水にやられて携帯も固定電話もつながらなかったのがとてもつらかった
被災された方たちは情報が入らず さぞ心細かったことと思います。


ともあれ 雨も 被災された方たちの生活もピークを越えました。

洋服の寄付など 様々な援助活動も始まっています。

通信や道路の開通など ライフラインの復興もめざましいものと報道されています。

3日ぶりに土砂につぶされた牛舎の中から仔牛が救助され、我が子と同じ思いだと泣いていたおばあさんがTVに出ていました。 



きょうは久しぶりの晴れの一日 

お日様がこんなに気持ちのいいものだとは・・・・






  


Posted by ごまもん at 22:31Comments(4)奄美

2010年10月20日

奄美の豪雨







全国ニュースに乗ったんですね

あちらこちらからご心配の電話やメールをいただきました。ご心配をおかけしました。
ありがとうございます。

アラカンのわたしでさえ 初めての大雨 観測史上最高の雨量だったそうです。

わたしの住まいは名瀬でも一番大きな川沿い まだ氾濫を起こしたことのない川ですが、今回は心配しました。

写真はピーク時のその川の様子です。

もう一枚






さすがにきょうは早めに帰り、湿った服を着替えていたら・・・ 外でゴン!という音が・・・

嫌な音 急いでもう一度着替えて外へ出てみると 山とわたしの住まいとの間の家が2軒
土砂崩れで壊れています。

さいわいなかにいた3名の方 みんな無事でよかった!
家はめちゃくちゃですが・・・

自然災害は怖いですよ TVで見ているのとは違います。






いまはピークを越えたようで 雨もやんでおります。川の水位も半分以下に減りました。

ご心配をいただきありがとうございました。




  
タグ :奄美豪雨


Posted by ごまもん at 22:42Comments(5)奄美

2010年10月19日

徳之島へ行ってきたⅡ (犬田布岬)





徳之島観光マップ(徳之島町HPからお借りしました。)



さて 会議は予定どおり11:30に終わった。
知り合いとの挨拶もそこそこに会場を飛び出し サベの元へ駆けつける。

なにしろ奄美行きの船は16:00には入港してくる それまでに100k近くを走って徳之島を一周してくる

時計回り 常に海側を走りたい

まずは犬田布岬(イヌタブミサキ)をめざす そこには以前紹介した中村晋也氏の作品「戦艦大和を旗艦とする艦隊戦士慰霊塔」があるから・・・


亀津の街を出て海岸線を伊仙へ向けて走り出す。
南原の海岸線へ出ると わたしが勝手に名づけた・・・



ゴリラ岩
なぜか旧友に会えたようで懐かしい


途中 喜念浜砂丘へ寄って・・・



砂丘のなかのモクマオウの林の中のサベ

鹿浦大橋を渡り・・・






犬田布岬へ行きます。



岬入り口 
 
(走っていると道路のいたるところ 民家の壁などに普天間基地移設反対!の看板がある
1,000枚は超えるのではないかといわれている  住民の反対の意志は強い!)




犬田布岬公園 点景













岬の芝生のなかに戦艦大和の慰霊塔が建つ 艦橋と同じ高さだそうだ





慰霊塔の向こう 海のそばの珊瑚の岩の上に「戦艦大和を旗艦とする艦隊戦士慰霊塔」は立つ





「戦艦大和を旗艦とする艦隊戦士慰霊塔」

空を背景にすると逆光線で どうしてもきれいに写せなかった!

人体には業火に焼かれ 苦悶の表情の兵士の顔が多数彫られている
周りの線は紅蓮の炎を表しているそうだ





  
タグ :徳之島


Posted by ごまもん at 21:38Comments(3)奄美・バイク

2010年10月18日

徳之島へ行ってきた Ⅰ







所用でこの土・日 徳之島へ行ってきた。

日曜の午後はヒマになるので、サベと走ってこようと連れて行った。

6時に名瀬港を出て約2時間半 6,000トンの船は8時半頃に徳之島・新亀徳港に着く




途中 そばを通ったトンバラ岩 大物釣りのメッカ
大海原にニョッキと 4つの岩が出ている
かってよく通った岩だ

途中 トビウオが船に驚いて飛び回る
どのくらい飛ぶのかと数えていたら 長いもので12秒ほど
まるでトンボのように飛び回る

トビウオを追ってだろうか イルカの群れも見えた。船と併走していた。

どちらも写真を撮れなくて残念!





この写真は明くる日の朝撮ったものだが、こんなふうに狭い水路を入ってくる





船が港へ接岸すると タラップを使い下船する。



日曜の朝 会議の始まる前に少し走ってみた。
天気予報は雨だが いつものように雨は我慢してくれた。

亀徳の慰霊塔からサトウキビ畑のなかを アップダウンする直線の農道を通って井之川へ
そこで県道を引き返し 途中の諸田池へ行ってみた。




徳之島は島全体がサトウキビ畑 こんな農道が十分に整備されている
気をつけないと耕耘機のおじいさんが飛び出してくる

諸田池



いまから340年前に作られた農業用ため池
渡り鳥の越冬地だったが 隣の製糖工場の冷却用水池になったために鳥は見えなくなったそうだ

それでもけさはたくさんの鳥がいた。
周りに遊歩道が整備され 静かな池だった。





  


Posted by ごまもん at 00:47Comments(3)奄美・バイク

2010年10月15日

バイク・ミーティング






バイク・ミーティングに興味があったが、なかなかのぞくチャンスがなかった。

今回は宮崎道 高原ICの近くでバイブス・ミーティングがあり、ちょうど鹿児島へ出てきていたのでひとっ走り行ってきた。

前日の雨もすっかり上がり、抜けるような青空が広がっていた。



宮崎道のSAにはバイクがたくさん



バイクミーティングとはいえバイブスが主催 いわずと知れたハーレーが99.9割
会場は黒の革ジャンを着た老若男女ばかり 普通のジャンバーと黒ズボンのわたしは宇宙人みたいです。




一番手前がマイサベですが・・・・


物販のテントサイトをのぞいてみたのですが、これといったほしいものもないので、せめて食事でもと
食事ブースのおいしいカレー屋台さんです。
(カレーを食べたら服の上にこぼしてしまい、彼女たちが親切に拭いてくれました。写真を載せると約束したので・・・)



隣で食べていたロコモコの方がおいしそうでしたが・・・


数えきれないくらいのたくさんのハーレー
工夫を凝らしたリアキャリア・荷物の積載の仕方が興味をひきました。



これは太い鉄筋での自家製でしょう


また足がかゆくなってきた。
キャンプツーに行きたい!




  


Posted by ごまもん at 22:24Comments(0)バイク サベージ

2010年10月14日

ウォーキングの道ばたで・・・

メタボ解消のためにウォーキングを再開

前回はがんばって歩きすぎ・・・外反母趾になった!

しかしメタボ解消にはこれしかない!と・・・

前回の毎日1万歩はやめて、5,6千歩ぐらいにとどめることにした。

人がいるところでは恥ずかしくて歩きたくない

ほとんど人が通らない山裾の農道を歩いている 
時々ヘビが出たり、猪が出たりするが・・・

しかし あっという間に日が短くなったね
帰宅途中の寄り道 もう薄暗くなっている。

ふと クチナシの匂いを強くしたような甘い香りがしてきた。
農道の縁に咲いている白い花からだ




ハナシュクシャという花 ウナギ温泉へ行ったときにも見かけた

ハワイでは精油をとり、香水として利用しているとか・・・
少し狂いそうな香りです。

  
タグ :奄美の花


Posted by ごまもん at 20:51Comments(4)奄美

2010年10月11日

秘湯? ウナギ温泉



先週は人間ドックのため 鹿児島にいた

サベージ1号もついでのツーリングのために持って行った。

以前から行きたかったウナギ温泉の露天風呂やっと行くことができた。






ウナギ温泉は指宿のイッシーで有名な池田湖の隣にある火口湖 ウナギ池のほとりにある温泉街(?)だ
?を付けたのは 10軒ほどの小さな集落で 湖としては隣の池田湖が有名だし、温泉としてはいわずと知れた指宿温泉が近くにある
そのために訪れる人も少なく 穴場的な温泉だ

人声もせず静かな所 秘湯ともいえるかも知れない

露天風呂は民宿{ウナギ湖畔}にある
立ち寄りで300円 内湯と露天風呂が楽しめる。
わたしは露天風呂にしか興味がないので、今回も内湯はパス

露天風呂は熱いといわれたが適温 湯ノ花が多く混ざって適度に濃いいい泉質だと思う。

ウナギ池をながめながらの露天風呂は最高だった!



共同湯もある




受付でお願いすると 温泉卵を作ってくれる

受付のお姉さんが卵をもって




スメという地下から蒸気が吹き出ている天然の蒸し釜に卵を置き




アンタン?(厚手のむしろのようなもの)をかぶせて5分30秒でできあがり




お塩も付いてくるので 湖の見える休憩所で食べるのもおいしい
熱いのでしばらくさまさないと殻をむけなかった!



ひなびた温泉と聞いていたので 山道のような所を行くのかと思っていたが、意外ときれいな道路で幹線からも近く 少し拍子抜けした。

池田湖の隣だが、道路は長崎鼻の方からしか行けないようだ

また行ってみたい温泉だった。

鹿児島から約1時間で行けます。





  


Posted by ごまもん at 22:20Comments(0)バイク ツーリング