› サベージとの楽しい生活 › 2010年12月28日

  

Posted by at

2010年12月28日

手作りサプリメント 卵黄油



わたしの叔母は生まれつき心臓が弱く 食後によく卵黄油を摂っていた。
コップに入れた卵黄油に箸を浸けて それをなめるというやり方だった。

昔から奄美では心臓病の薬として卵黄油を重宝していたようだ


わたしも友人からその作り方を教わり 飲んでいる。

そのせいか 風邪もまったくひかなくなり、血液検査でもオール1の評価を受けている。
血流を良くし 抵抗力をつけることは間違いないようだ

卵の黄身だけを炒っていくと炒り卵になり、さらに焦げていき ある時点で一気に油に変わる
信じられない不思議な光景が見れる。


40個の有精卵の黄身



これを弱火で煎っていく


その日は雨が降っていて・・・
途中ものすごい臭いがするので、室内ではできない。急遽こんな隠れ家のような小屋を造って そこで作業をした。
明くる日 強い風が吹いてバラバラになってしまったが・・・




こんなふうに焦げてくるともう一息





できあがった卵黄油 40個の卵黄から撮れたのはこれだけ





お酒の前に飲むと二日酔いも軽くてすみます。










  


Posted by ごまもん at 22:35Comments(0)奄美