› サベージとの楽しい生活 › 2011年11月13日

  

Posted by at

2011年11月13日

ワイルドなメディスンバッグ









友人のオーダーでメディスンバッグを作った

カチっとしたものではなく ワイルドな・・・自然な革の風味をいかしたもの・・・がほしいとのこと
革袋みたいなものか?
そう

牛革のシュリンク型押しがある
柔らかくてほどほどの厚み この端をいかせばいいものができるかもしれない

悩みその1

大きさは・・・?
腰に下げるものだから あまり大きいとその存在感ばかり強調してしまう
型紙を切っては腰に当ててみて・・・  18×14に決めた
彼もそれでいいという

悩みその2

マチを使うとスクェアになってしまう

厚みはどうしてだそう・・・?
悩んだ末に前の革の幅を多めにとり ドーム型にしよう

とりあえず作り始めた





一番底の部分から左右のバランスをとりながら、前面の革をふくらませながら縫っていく





クリップで留めてふくらみを確認する 黄色い糸はしつけ糸




縫い終わってはみ出た革をカットして・・・




なかの厚みはこれぐらい




べろんとなかをひっくりがえし、コンチョと留めの鹿紐をつける コンチョは5セントのオールドコインを使った






かぶせはカットしただけでなにも手を加えなかった
床の始末もしてないし、穴も開いている





後ろから見ると・・・・
ベルトループはトリック編みを応用した。







れいによって 一番お腹が目立たない写真にした。

たくさんツーリングのお供をして 味を出していってほしい



ウエスタンは好きだが、どちらかというとカウボーイよりネイティブアメリカン、インディアンの方が好きだ
このメディスンバッグは素朴でワイルド 
インディアンの持ち物らしいだろうと・・・自画自賛!