› サベージとの楽しい生活 › 奄美 › 秘境?青久

2010年02月07日

秘境?青久

青久集落 たぶん奄美にすんでいる人の98%が行ったことのないところ

現在 一戸だけ人が住んでいます。でも集落とよびたい
以前は十戸ほど住んでいたというから・・・

二十年ほど前に一度だけ行ったことがありました。
車の底をゴンゴン打ちながら・・・

今も牛を飼っている老夫婦が住んでいます。小雨の降る寒い日でしたが、友人と行ってきました。

旧住用村 市集落から嘉徳集落への林道を登っていくと青久への別れ道路があります。
そこを3kほど下っていきます。
ダートですのでオンロードバイクではすごく厳しい やめた方がいい道です。

そびえる山のすその海辺 小さな谷間に一戸 青久集落はあります。




波の荒い海岸 集落は石積みの防潮堤で囲まれています。
それでも台風の時はこわいだろうなー




この青久は島唄にも歌われている「むちゃ加那」の伝説の土地であり、その碑が浜の片隅に建てられています。









むちゃ加那伝説

加計呂麻島 生間(イケンマ)に昔ウラトミという美人がいました。
薩摩の役人に島嫁として差し出すようにといわれ、いやがるウラトミをかわいそうに思い、また周りの人たちに累を及ぼすことをおそれた親は思いあまって小舟にウラトミを乗せ、沖へ流してしまいます。

喜界島へ流れ着いたウラトミは島の男と結婚し、むちゃ加那(かな)という娘をもうけます。
むちゃ加那もとてもきれいな娘になり、島の娘たちのねたみを受けます。

ある日 娘たちは貝採りに行こうとむちゃ加那を珊瑚礁へ誘い出し、海へ突き落としてしまいます。

むちゃ加那が流れ着いたのが、この青久 それで碑が建てられました。

喜界島には小野津(オノツ)集落にむちゃ加那公園が整備されています。

奄美にこられたときには ぜひこの唄をリクエストしてください。

ちなみに「ウラトミ」が生まれた加計呂麻島は美人が多いと有名なところです。(わたしの田舎ですが・・・)



奄美はこれから雨の多い季節を迎えます。
来週は雨マークばかり バイク通勤にはつらい季節です。





同じカテゴリー(奄美)の記事画像
やっと紅葉
奄美市美展
お花見(^o^)
奄美の紅葉
冬来たりなば・・・・
冬の訪れ
同じカテゴリー(奄美)の記事
 送別会 (2013-03-23 23:25)
 送別会 (2013-03-16 22:15)
 やっと紅葉 (2013-02-21 21:34)
 奄美市美展 (2013-02-17 21:48)
 お花見(^o^) (2013-01-29 22:57)
 奄美の紅葉 (2013-01-17 19:26)

Posted by ごまもん at 23:10│Comments(5)奄美
この記事へのコメント
私の喜界島出身の親友も、情が深く美人です!
(かつ、ちょっとのんびり屋で天然も入ってます)
彼女の結婚式以来あってませんが、無性に会いたくなりました。
Posted by 梅子梅子 at 2010年02月09日 10:20
梅子さん

奄美は昔気質の人情が今も受け継がれています。

そのおかげか、加計呂麻島は日本のふるさと百選にも選ばれていますよ
Posted by ごまもん at 2010年02月10日 10:32
多分1950年初~中旬に親類の人が奄美大島
に学術調査に行き、写真がメインの本を出版しました。
その本に載っていた幾つかの写真が子供の私の脳に焼きついています。
Posted by テキサスバーガー at 2010年02月12日 23:46
テキサスバーガーさん

たぶんわたしも見たことがある写真集かもしれません。

あのころはアメリカ軍の統治が終わったばかりで・・・

みんな裸足で生活していたころ 奄美の取り残された時代でした。
わたしは生まれたばかりでしたが・・・

ガジュマルの下でちんちんも出しておねえさんに手を引かれていた子どもはは同級生です。 この写真ではないですか?

わたしの記憶にも残っているのですが・・・
Posted by ごまもん at 2010年02月13日 17:28
その写真集というか本は何処へいってしまったのでしょうか??
大きな蘇鉄と女性達が踊っているのがアルツ寸前の
私の記憶に。
Posted by テキサスバーガーテキサスバーガー at 2010年02月25日 02:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。