› サベージとの楽しい生活 › 2012年11月

  

Posted by at

2012年11月29日

冬の訪れ











10日ほど留守にし 帰ってきたら玄関わきのツワブキの花が黄色の花をつけていた

かってツワブキが咲き始めるとお正月の準備を始めるものだった
柔らかい新芽を採り、大晦日の豚骨料理に使う
奄美大島以外の島にはない風習だが、わたしにとってこの豚骨料理がないと年を越せない

この玄関わきのツワブキも食料として植えてある




一昨年の豪雨で崩れた裏山にも 黄色の花が咲き誇っている


 
来年リタイアする私にとって 月は師走、行った、逃げた、去ったとあわただしく過ぎるだろう

いろいろ片づけるのに 焦る気持ちにさせる  ツワブキの花だ












  


Posted by ごまもん at 16:45Comments(0)奄美

2012年11月27日

IPhone5のホルダを作る










予約していたIPhone5が届いた

昨年4sを購入したばかりだが・・・


決してミーハーでも新しいもの好きでもない ただデザリング機能付きのスマートホンがほしかっただけ

どちらにしても4月にはデザリング付きの他のスマートホンに買い換えるつもりだったが ここでIPhone5に着いてしまったのだ



4sよりも本体が長いので 4sのホルダは使えない
新しく作ることにした

ワイルドなウォレットもあと少しで完成なのだが こちらが急ぐ




デザインも一新?
裏地にはサテンの生地を使った 少しおしゃれになるかも・・・?
留めも差込にホックをつけてジャンパードットで留めることにした。


それにしても4sのホルダは焼けすぎるほど飴色に変わっている
約1年だが 奄美の紫外線がそれだけ強いと言うことか・・・?



周りはラウンドステッチでかがった
これだけかがるのにも丸一日かかる 裏表がないので かぶせのように裏表見える場合に好都合だ
疲れるが・・・



着信音が聞こえるように 下の方には穴をあけてある



コンチョにはイーグルのクォーター硬貨を使った

最近 イーグルのコンチョがお気に入りだ




いつものように型どりして作った
ラウンドスッテチもマスターでき 少し上達したような気がする








  


2012年11月04日

ワイルドなロングウォレットを作る Ⅵ




この週末 土日とも小屋にこもって革の縫い物

今夜の風呂は両手の親指、人差し指、中指がしみていた
針の握りすぎ・・・
また二カ所 針でつついて血を流してしまったしなー



カードケースも コインケース部もできたので、内側の革に仮留め
縫い穴だけ空けておく 
今縫いつけると外側の革に支障をきたすから・・・
縫う順番は気を遣う  間違えるとまたほどかなきゃならなくなる





いつもは カーブのところはハサミできるが、今回 外の革は3mmのサドルレザーを使う
厚い!
写真のように「別だち」(革包丁を持っていない)ですこしずつカットしてカーブを出していく
(今のところ別だちで不足は感じない)



ウォレット正面に爬虫類の革をインレイするので その部分をカットした
が・・・
革の厚みが3mmあるので段差が出てかっこわるい 漉くことにした。



この漉きの作業がけっこう楽しい 
すこしずつ漉いていくのだが 結構な時間かかってしまった

爬虫類の革をインレイするところは革に合わせて型紙を作った 
縫い代も入れてなので頭を使う



漉きが終わったら ヘリ落としでカドも落とし・・・

コバも徹底的に磨いておく




留めのベロを作る


パーツを切り出し、接着部分の銀面はヤスリで荒らしておく


差し込むところなので 剣先の部分は漉いておく



コバを磨き こすれるところなので 糸を沈ませるために彫刻刀で溝を掘っておいた



表と裏の革とベロ 縫いつける前にオイルを塗っておく


表のサドルレザーはオイルを含んでいるためか あまり色が変わらない
内側はすべてヌメ革なので 内も外もエイジングを楽しめる




さて あとは爬虫類の革をインレイし、カードケースとコインケースを縫いつけ まわりをかがって完成だ

かがりはラウンドステッチといって 一番手間のかかる編み方をする
ウォレット一周に15m 一日中編んでも2日ほどかかるそうだ


完成してからまた紹介したい



それまでしばしの休憩です。