› サベージとの楽しい生活 › 2010年10月24日

  

Posted by at

2010年10月24日

奄美の豪雨 その後

みな様 ご心配をおかけしました。ありがとうございます。

きのうはいとこの家が知名瀬(チナゼ)で川の決壊により床上50cm浸水 その後かたづけに行ってきました。

小さな集落 集落あげての片づけ 炊き出し 中学生のボランティア
水に浸かったタンスなどの粗大ゴミは 若い人たちが家の中まできて運び出してくれました。

きょうは知人たち・・・電話が不通な友人たち・・・を訊ねて回ってきました。

わたしの住んでいる名瀬の街は ほとんど被害もなく (我が家の裏の2軒全壊は報道されていません)TVで見ているみなさんと同じ感覚

でも街を出ると大・中・小の土砂崩れがいたるところに・・・
龍郷でおばあちゃんが亡くなったところは国道を乗り越えておそってきた大規模な土砂崩れでした。

奄美は山裾の小さな平地に家が並んでいるところが多く  それでも家へ向かっての土砂崩れが少なかったから運良く人的な被害が少なかったと思います。
あちこちで山が崩れた赤い斜面が現れていました。


友人たちの中には道路遮断のために職場から帰れず 避難所で3日過ごした方たちも 何名も・・・

通信の中継基地が水にやられて携帯も固定電話もつながらなかったのがとてもつらかった
被災された方たちは情報が入らず さぞ心細かったことと思います。


ともあれ 雨も 被災された方たちの生活もピークを越えました。

洋服の寄付など 様々な援助活動も始まっています。

通信や道路の開通など ライフラインの復興もめざましいものと報道されています。

3日ぶりに土砂につぶされた牛舎の中から仔牛が救助され、我が子と同じ思いだと泣いていたおばあさんがTVに出ていました。 



きょうは久しぶりの晴れの一日 

お日様がこんなに気持ちのいいものだとは・・・・






  


Posted by ごまもん at 22:31Comments(4)奄美